トップ > 起業・独立について > 起業支援とは?〜支援制度と助成金について

起業支援とは?〜支援制度と助成金について

起業支援とは?〜支援制度と助成金について

起業の支援をしてくれる、そういう団体があるのなら使わない手はありませんね。

起業したいけど、名刺に自宅の住所書きたくないし、名刺を作るお金も惜しい、しかし、すごいアイデアがあります!という場合、大抵は住んでいる町や市で、起業資金の援助をしてくれます。

事務所として使えそうな、机一個とパーテーション程度の場所だと、月1万〜程度で各地方の商工会議所で借りることができます。

企画書や意気込みを持参して、ぜひ助成金をゲットしましょう。

特に地方では、60歳以上の定年後起業に、地方の活性化の夢を託して支援を歌っています。

起業にあたり、登記や決算、税金、保険、大きく風呂敷を広げれば、たくさんやるべきことがあります。

いちいち自分が勉強してやろうとしていたら、何年先になるかわかりませんね。

こういうときは、それぞれの専門家に依頼しましょう。

人を使うことは、企業家となるあなた、新社長の仕事はじめです。

起業を支援してくれるような情報もくまなく活用してこそ、順調な会社のスタートと言えるでしょう。


起業の支援には、さまざまなものがあります。

まず第一に思いつくことは、お金ですね。

起業の支援として、さまざまな助成金が設定されています。

起業時、試用雇用時、人材確保時、定年連例延長時、他にも、地域ごとに工夫された助成金があり、地方の活性化を狙っているようです。

有名なものに、「中小企業基盤人材確保助成金」「高年齢者等共同就業機会創出助成金」「地域創業助成金」などがあり、十数万から数百万のお金を借りることができます。

起業の支援のためにいざ助成金を受けようとする場合は、申請の事前に、十分に調査をし、条件や書類を確認しましょう。

一般に、仕組みが複雑だったり、やっと理解して苦労して書類をそろえても、条件が1つ合わずに助成が受けられなかったりすることがあるようです。

余裕と事前調査は、起業の基本ですね。

そうやって苦労した経験を生かして、起業家の助成金取得を支援する事業を起こしている人もいたりして、発想の転換で、自分の経験でも何でも商売になるんだな、と感心してしまいます。

この記事のカテゴリーは「起業・独立について」です。
起業や独立についての情報をまとめています。思うように転職が決まらない、希望の求人がなく就職が厳しい。そういう際に選択肢として、起業・独立を缶がることは多いと思います。起業についてまとめてみました。
関連記事

青い鳥症候群とは?

青い鳥症候群

海外での起業を考える

海外起業

起業の基本とは?

起業の基本とは?,ネット起業

起業支援とは?〜支援制度と助成金について

起業支援,支援制度,雇用開発助成金

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索