トップ > 派遣について > 「人材バンク」と「人材派遣会社」との違い?業務請負の問題とは?

「人材バンク」と「人材派遣会社」との違い?業務請負の問題とは?

「人材バンク」と「人材派遣会社」との違いを説明できますか?業務請負がなぜ問題になっているのか、ご存知ですか?

あなたは、「人材バンク」と「人材派遣会社」との違いを説明できますか?

突然そんなことを聞かれても、たいていの人はうまく説明できないでしょう。

この質問が、転職・再就職に関係するのでしょうか?
はい、関係してきますので、これから「人材バンク」と「人材派遣会社」との違を考えて見ましょう。

人材バンクも人材派遣会社も厚生労働大臣の許可を受けて仕事を探している方に仕事の紹介をする民間の機関です。

では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

人材派遣会社を利用する場合は、その派遣会社と雇用契約を結んで、派遣会社が契約した企業において指示されて仕事をします。

それに対して人材バンクを利用する場合は、正社員として仕事を探している方が自分に適した企業の紹介を受けて入社をするための活動のサポートを受けることになります。

全国展開して株式上場もしているような人材派遣会社も多数あります。人材派遣会社の雇用形態はいろいろですが、多くは一般型と定義される、派遣先で労働をしている機関だけを契約期間として賃金が支払われる雇用形態です。

特定型というのは、派遣されていない間でも賃金が支給される雇用形態で、特定の技能を持った技術者に特化した派遣会社で採用していることが多いようです。

似たような形態に、今しきりと問題になっている「業務請負」というのがありますが、厚生労働大臣の許可を取る必要がないので、その数は無数にあります。

特定型の派遣会社や、業務請負の会社の募集方法には紛らわしいものが多く、あたかも正社員として雇用するように見せかけたり派遣社員を雇用している会社もあるので気をつけなければなりません。

人材派遣業界は請負料金の低さや派遣スタッフの経歴書提出までのスピード競争になっていて、特別なスキルをもっているような方や高い実績をもっている方というよりも定型業務が主流であるため、その2点以外での差別化はあまりないようです。

そのため人材派遣会社は、派遣先を厳選するよりも、できるだけ数多くの企業との提携を目指しています。

派遣先企業を多く持てば持つほど、より多くの人を派遣できて、利益となるからです。対して人材バンクは、正社員として入社するのが目的の転職希望者が顧客となりますので、当然派遣での登録者よりも多く、入社先となる会社情報を必要とします。

派遣スタッフのように、仕事内容や条件に不満があればすぐに辞められませんから、入社してもらう前にできる限りの会社情報を提供し、また自信を持って勧められるよう、ある程度厳選した企業との提携を目指します。

したがって人材派遣会社は人材バンクに比べて十分な情報量を持っていない、もしくはそのノウハウがないことが多く、人材紹介事業に関しては顧客である転職希望者と募集企業に対して、適切なマッチングができていない場合が多いようです。

この記事のカテゴリーは「派遣について」です。
派遣という働き方があります。派遣とは何か?派遣における問題は何か?派遣に関するこういった情報をまとめてみました。
関連記事

「人材バンク」と「人材派遣会社」との違い?業務請負の問題とは?

「人材バンク」,「人材派遣会社」との違い,業務請負

偽装派遣と偽装請負とは?

偽装派遣,偽装請負

派遣と正社員の身分関係は?

派遣,正社員,身分,待遇

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索