トップ > 派遣について > 偽装派遣と偽装請負とは?

偽装派遣と偽装請負とは?

偽装派遣と偽装請負とは?

ついに、偽装派遣、偽装請負に司直の手が入りましたね。

偽装請負について、テレビ・新聞等の報道で耳にすることがありますが、どういう問題なのでしょう?

製造業の工場で、多くの労働者が「偽装請負」の形態で働かされていると、外部から「請負」で受け入れた労働者たちを低賃金で雇用し、人員が要らなくなったら解雇が簡単にできるという、その実態には過酷なものがあります。

派遣と請負、わかりそうで、よくわからないその違いをみていきましょう。

「請負」というのは民法に規定され、「請負人が相手方に対し仕事の完成を約し、注文者がこの仕事の完成に対する報酬を支払うことを約することにより成立する、諾成・双務・有償の契約」とあります。

つまり、請負人は注文者と「雇用関係」にない、だから労働法関係で定める労働者保護の部分があいまいになるわけです。

そして「派遣」は指揮監督は派遣先にありますが、派遣会社と雇用関係にあり、労働者扱いです。

工場の製造ライン作業─この実態を「請負」というには、あまりにもこじつけです。

しかし請負の、その労働者扱いしないあいまいさにつけこんで、こういった偽装請負が横行したのでしょう。


偽装請負が横行する背景となったことが、もう一つあります。

製造部門での労働者派遣ができるようになったのは、2004年の3月からだそうです。

それまでは生産ラインでの労働者派遣はできなかったわけですから、それは横行しますよね。

しかし、「派遣できる」といわいれて、「あ、よかった、これで派遣に切り替えて、彼らの労働条件をよくしてあげよう」などと思う雇用者はいるのでしょうか?

もちろんゼロではないわけですけども、実態は、報道のとおり某大手メーカーでは正社員の実に3倍以上の偽装請負人たちが発覚しました。

誰も人を使い捨てになんぞしたいわけではないけれど、利益をあげなければならないのが企業の宿命でもあります。

偽装請負をよしとしない制度を整えても。整えただけでは、社会はなかなか変わるものではないですね。

現実から目を背けず、法の規制・改正、また雇用の実態をみていくことが必要だと思います。

この記事のカテゴリーは「派遣について」です。
派遣という働き方があります。派遣とは何か?派遣における問題は何か?派遣に関するこういった情報をまとめてみました。
関連記事

「人材バンク」と「人材派遣会社」との違い?業務請負の問題とは?

「人材バンク」,「人材派遣会社」との違い,業務請負

偽装派遣と偽装請負とは?

偽装派遣,偽装請負

派遣と正社員の身分関係は?

派遣,正社員,身分,待遇

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索