トップ > 失業保険手続など > 退職後の保険手続について

退職後の保険手続について

活動の成果が実って、転職・再就職が決まる場合は言いのですが、やむを得ず、いったん会社を辞めなければならないときがあります。

退職後の保険手続について調べてみました。

健康保険について

退職後の保険の種類、手続の方法は3つあります。

@前職の健康保険の「任意継続」をする。
A国民健康保険に入る。
B家族の被扶養者となる。

国民健康保険加入か、任意継続被保険者になるかが、基本的な選択肢となっています。

・任意継続被保険者

「任意継続被保険者」は、今まで加入していた健康保険(政府管掌・組合管掌)に、会社経由ではなく個人で、継続加入している人のことです。条件として、退職まで継続的に2ヶ月以上の被保険者期間が必要です。退職しても2年間は、任意継続被保険者であることが可能です。

任意継続の場合の保険料は、全額自己負担です。納付は毎月10日までです。退職日翌日から20日以内に、健康保険を運営している機関(保険者)で手続を行います。

・国民健康保険の加入

国民健康保険の加入は、退職日翌日から14日以内に、「国民健康保険被保険者資格取得届」を、住所地管轄の市区町村の国民健康保険窓口に提出します。必要書類は、健康保険の資格喪失届の写し等です。

・家族の被扶養者となる

退職後の収入によっては、家族の健康保険の被扶養者になることも出来ます。
被扶養者になるためには、(1)生計維持関係があること、(2)今後の収入見込み額が130万円未満であることの要件を満たすことが必要です。保険料の負担がないので、被扶養者になることが出来るときは、被扶養者になった方が有利です。

いつそういう手続が必要になるか分からない世の中です。退職後のこうした保険手続だけではなく、一度、いろいろなケースを想定して各種関係を調べておくなり、関係機関の相談すると良いかもしれません。

この記事のカテゴリーは「失業保険手続など」です。
雇用保険、健康保険など失業や退職に伴う必要手続ほかをまとめています。
関連記事

就業手当と常用就職支度手当

就業手当,常用就職支度手当

失業認定日に職安に行けない時には?

失業認定日に職安にどうしてもいけない事情がある場合もあるでしょう。 そうしたっばいの手続をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。 ハローワークから指定された失業認定日や就職相談日に出頭できない場...

基本手当の受給資格(後編)

基本手当の受給資格(後編で、前編に続きます) 基本手当てを受給できる日数(所定給付日数)?A 基本手当てを受給できる日数(所定給付日数)は、離職日年齢と算定基礎期間で決定します。算定基礎期間とは、今回...

基本手当の受給資格(前編)

基本手当の受給資格(2回に分けて書いています) 離職の日以前1年間に、賃金支払の基礎となった日数が14日以上ある月が通算して6ヶ月以上あり、かつ、雇用保険に加入していた期間が満6ヵ月以上あることです。...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索