トップ > 転職に有利な資格とは? > FPは注目を集めているこれから取得したい人気資格

FPは注目を集めているこれから取得したい人気資格

FPは注目を集めているこれから取得したい人気資格

FPファイナンシャル・プランナー資格は注目を集めている人気資格です。

これから資格を取ろうと考えている方に人気なのが、ファイナンシャルプランナー(FP)資格です。

これはどういう仕事かといいますと、財政上の立案者、計画を立ててお客様に提案するという仕事です。

具体的にいいますと、金融機関にはいろんな商品がありますが預ける商品(定期預金、財形貯蓄、旅行積み立て)、投資商品(投資信託、株式投資、国債)、将来の安全に対する商品(簡易保険、生命保険)他にもいろいろありますね。

こんなに商品があるとどれを購入したらよいか迷います。
そこで、お客様の要望を聞いてそれに合った商品を提案するのがファイナンシャルプランナーの仕事です。

豊富な知識で金融商品を紹介して資産運用、生活設計などのアドバイスをするのです。ファイナンシャルプランナーを習得するには3つのプランがあります。

1つは、ファイナンシャルプランニング技能士があるのですが、1級技能士〜3級技能士まであります。

2つ目は、AFP(日本ファイナンシャルプランナー協会)が認定する民間資格です。
日本FP協会認定校の研修を終了し、終了後試験を受け合格すれば協会に登録することによって資格をえることができます。

3つめは、CFP(サーティファイド・ファイナンシャルプランナー)です。

これは国際ライセンスとなります。

ファイナンシャルプランナーは別に資格がなくてもできますが、やはり資格があると信頼度がぜんぜん違いますので習得したほうがいいと思います。

金融の豊富な知識が身につくので注目の資格といえそうです。

年金給付 50歳以上に見込み額通知

社会保険庁は、08年4月から始める予定の年金保険料納付実績を通知するシステム「ポイント制」を一部改め、50歳以上の人には将来の年金給付見込みを実額で示す方針を固めました。

見込み額を知らせる「ねんきん定期便」の早期導入を主張する安倍晋三首相の意向を取り入れました。開始時期も早め、07年度の早期にスタートさせる考えです。

同庁は04年の年金制度改正で、厚生、国民年金の全加入者に保険料納付実績を点数化して通知するポイント制の導入を決めていました。

郵送されてくるポイントに単価をかければ、過去の納付状況に応じた給付額が分かる仕組みです。

ただ明快に分かるのは、あくまで「現時点で獲得した年金額」です。将来の見込み額を知りたければ、今後も同様にポイントを稼ぐことを前提に、自分で試算する必要があります。

社保庁は首相の意向とともに国民年金保険料の不正免除問題で失墜したイメージの回復も狙い、分かりやすい実額通知とすることにしました。

対象を50歳以上とするのは、退職時期が近く、予想給付額が大きく外れるケースは少ないと判断したためです。

50歳未満の人にはポイントで通知するようです。社保庁は05年度から、50歳以上の申し込んだ人にだけ見込み額を回答するサービスを始めているが、新制度では加入者全員に年に一度、郵送で通知します。

この記事のカテゴリーは「転職に有利な資格とは?」です。
資格は就職、転職に際して有利に働きます。転職に有利な資格について調べてみました。
関連記事

就職・転職に有利な資格とはどんなものでしょうか?

就職・転職に有利な資格にはどんなものがあるか、みていきましょう。 数年前まで就職氷河期といわれ、仕事に就けない若者が多くいましたが、ここ最近、景気が上向きとなり、就職率も上昇しつつあるようです。 そん...

国際社会に通じる資格で女性も外資にチャレンジ

国際社会に通じる資格で女性も外資にチャレンジしましょう! 男女格差解消の法令ができても、まだまだ実社会、とりわけ大企業の壁は熱いものがあります。 今や女性も有能な男性社員同様に責任あるポジションにつき...

資格を明記している求人募集が意外と多いですね?

転職,再就職,書類選考,面接,資格,自己アピール

FPは注目を集めているこれから取得したい人気資格

FP,ファイナンシャルプランナー,人気資格

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索