トップ > 転職に有利な資格とは? > 就職・転職に有利な資格とはどんなものでしょうか?

就職・転職に有利な資格とはどんなものでしょうか?

就職・転職に有利な資格にはどんなものがあるか、みていきましょう。

数年前まで就職氷河期といわれ、仕事に就けない若者が多くいましたが、ここ最近、景気が上向きとなり、就職率も上昇しつつあるようです。

そんな時代背景がもとに、就職氷河期に就職した若者が、転職をしようとする動きがみられるようです。

採用人数が少ないが故に自分の希望とする会社に入れなかった人達が、スキルアップして自分が希望していた会社に再就職をする動きがあるようです。

そんな時に自分を客観的にアピールできるのが資格です。では就職・転職に有利な資格とは一体どんな資格でしょうか?

就職・転職に有利な資格と一言で言っても、自分が希望する職種によって必要な資格は異なってくるでしょう。全く関係の無い資格を沢山持っていても意味がありません。

一番人口が多いといわれる建設業界の職種で就職・転職に有利な資格は技術系ではやはり建築士の資格でしょう。

耐震偽造等と色々な問題が表沙汰となってはいますが1級の資格があれば建築士としては充分ではないでしょうか。この資格がないと建物が建てられませんので最重要資格と言えましょう。

営業系で就職・転職に有利な資格とされるのが宅地建物取引主任者の資格です。この資格がないと仕事が出来ないため、資格があるだけで重宝されます。

その他の職務で就職・転職に有利な資格は、IT関連の仕事であればマイクロソフトオフィススペシャリストの資格や情報処理の国家試験、ビジネス関連での就職・転職に有利な資格なら税理士、簿記など目的に応じて様々な資格があります。

自分の目指すところの就職・転職に有利な資格を多く取得し、自己のスキルアップを行いましょう。

この記事のカテゴリーは「転職に有利な資格とは?」です。
資格は就職、転職に際して有利に働きます。転職に有利な資格について調べてみました。
関連記事

就職・転職に有利な資格とはどんなものでしょうか?

就職・転職に有利な資格にはどんなものがあるか、みていきましょう。 数年前まで就職氷河期といわれ、仕事に就けない若者が多くいましたが、ここ最近、景気が上向きとなり、就職率も上昇しつつあるようです。 そん...

国際社会に通じる資格で女性も外資にチャレンジ

国際社会に通じる資格で女性も外資にチャレンジしましょう! 男女格差解消の法令ができても、まだまだ実社会、とりわけ大企業の壁は熱いものがあります。 今や女性も有能な男性社員同様に責任あるポジションにつき...

資格を明記している求人募集が意外と多いですね?

転職,再就職,書類選考,面接,資格,自己アピール

FPは注目を集めているこれから取得したい人気資格

FP,ファイナンシャルプランナー,人気資格

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索