トップ > 求人のプロ転職コンサルタント > 希望にそぐわない転職情報案件の断り方とは?

希望にそぐわない転職情報案件の断り方とは?

希望にそぐわない転職情報案件の断り方について

転職コンサルタントの先生と相談をかさね、いざ、転職情報の案件が紹介されたときのケースです。
いつも魅力的な案件ばかりですとと嬉しいんですが、残念ながら時には断る必要が出て来ると思います。

そんな時、どうやって断ろうか迷ったことありませんか?
今回は、そういうケースの場合の断り方について考えてみます。

ストレートに「いやです」とか「条件が合いません」などといってしまえば済むことですが、しかし、さすがにこれでは転職コンサルタントの先生も気分を害されます。

また、次に転職案件を繋げいでいただく事が大事ですね。
今回は、そのように次の情報につながるような断り方について考えてみます。

転職コンサルタントの先生も、良かれと思って転職案件を薦めてくださいます。
そうした状況で断るのは、ほんとうに気が引けますよね、これは皆さんも同じだと思います。

しかし、ここで自分の希望・意思をはっきり伝えておかないと、いつまでもふに落ちない案件
を紹介され、薦められることになりかねません。

こういう場合、日本人特有の曖昧な態度が最も障害になります。

なぜなら、態度を明確にしない限り、あなたの希望をいくら有能な転職コンサルタントといえども、正確に理解できないからです。

断る際に一つ大事なことは自分の希望をはっきり伝えることです。

そして二つ目に大事なのが、その時点で軌道修正できるか?
(相手の気分を害さずに)ということです。

断り方ですが、次に活かせる、転職コンサルタントの先生に敬意をはらった断り方が大切です。

・丁寧に
・しかし、はっきりと
・今回の案件のどの点が不に落ちないのか?
・今後はこの様な案件がいいと具体的に
・この点はどうしても受け入れられないので、今後の案件にはこの点に関しては配慮していただきたい。
・ただ、今回この点については良かったので、引き続きこういう点は大事にしていただきたい。

など、上記のような店を整理してきっちりとお伝えしましょう。
自分の希望を明確に主張したうえで、丁重に断りすることです。

理由を明確にせず断るのはお勧めしません。

何となく気に入らないなど子供めいた断りでは、キャリアコンサルタントの先生も好い気はしないですし、
肝心な次のご紹介に繋がりません。

なぜ今回の案件が十分でないかを、自分の希望を明確にしながら説明するのが、一番理に叶っていると思います。

こういう明確な態度で望めば、相手の転職コンサルタントの先生も必ず理解を占めいてくれるはずです。
さらに緊密なコミュニケーションがはかられ、より条件に叶った案件を紹介いただけるのだと信じて、行動しましょう。

この記事のカテゴリーは「求人のプロ転職コンサルタント」です。
転職専門コンサルタントが存在します。その仕事内容や相談の受け方などをまとめています。
関連記事

希望にそぐわない転職情報案件の断り方とは?

希望にそぐわない転職情報案件の断り方について 転職コンサルタントの先生と相談をかさね、いざ、転職情報の案件が紹介されたときのケースです。 いつも魅力的な案件ばかりですとと嬉しいんですが、残念ながら時に...

ヘッドハンターとヘッドハンティングについて

ヘッドハンター,ヘッドハンティング

人材派遣会社でスキルアップする方法とは?

人材派遣会社でスキルアップする方法があるとしたら、興味ありますよね。 あなたは転職・再就職するに当たって、求人先の要求に見合うキャリア、スキルを十分持ち合わせているでしょうか? もちろん、条件を満たし...

転職コンサルタントから、こんな質問をされたのですが・・

転職コンサルタント,転職エージェント,キャリアコンサルタント

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索