トップ > 求人のプロ転職コンサルタント > キャリアコンサルタントとどう付き合うか?

キャリアコンサルタントとどう付き合うか?

エージェント、キャリアコンサルタント、転職コンサルタント・・こういう転職のプロとあなたはどのようにつきあったらいのか?

そもそも、エージェント、キャリアコンサルタント、転職コンサルタントから得られるものとはなんなのか?

そこらあたりから考えて見ましょう。

転職活動にあたってエージェントやキャリアコンサルタントを通すメリットの一つに、「相談」できるというポイントがあります。

エージェントやキャリアコンサルタントは、あなたのような転職希望者を転職させるプロなのです。

エージェントやキャリアコンサルタントには、顔見知りであるとか会社の上司や先輩ではないので、しがらみが無い分、ふつうなら相談が難しいようなことも相談しやすいわけです。

これがもし、インターネットなどであなた一人で転職活動をしていた場合は、
誰か知ってそうな人に聞くか、このサイトのような転職サイトを参考にしたり、自分だけで調べなくてはならなくなります。

ですから、転職を支援するエージェントやキャリアコンサルタントを通して、
転職活動をしているならば、活用しないことは損なのです。

さて、でもどの様にエージェント、キャリアコンサルタントを活用したら良いのでしょうか?

例えば、キャリアコンサルタントにあなたが書き上げた職務経歴書を見せてアドバイスをもらうと言うのも良いですね。

あるいは、面接のリハーサルやアドバイスをもらうこともで可能です。

あなたの転職に関する様々な相談に、こうしたエージェント、キャリアコンサルタントは相談に乗ってくれると思います。

ただ、一点だけ気を付けて頂きたいことがあります。

丸投げは止めましょう!ということです。

ここで言う丸投げとは、自分では何も考えず、とりあえずキャリアコンサルタントに聞いてそれからっ整理して考えをめればいいのでは?という様な発想です。

エージェント、キャリアコンサルタントが転職をさせるプロだとしても、あなたの考えがまるきりないのでは、そこへ仮にアドバイスという掛け算をしてもらっても、生まれる結果は0のままです。

あなたがその時点でのやれる限りの努力しぶつかった壁について、色々考えてみたけど、煮詰まりすぎて分からなくなった時に初めて、キャリアコンサルタント・転職コンサルタントに相談してみましょう。

考え抜いたその壁が、他人からみたら、低かろうか高かろうが、それは問題ではありません。

そして、その壁について相談した場合には、色々なアイデア・アドバイスをして貰えると思います。

最終的には自分が決めなくてはならないことです。
主役はキャリアコンサルタントではなく、あなたなのですから。

ここを上手く活かせる人と、そうでない人とで、転職活動の結果に大きな差が出て来ると思います。

自分で何をしたら良いか全く分からないという方は、このサイトを使うなり、他のサイトをみてみるなり、まずは自分で調べてみて下さい。

そこで分からなかったものを転職のプロ達に相談してみましょう

この記事のカテゴリーは「求人のプロ転職コンサルタント」です。
転職専門コンサルタントが存在します。その仕事内容や相談の受け方などをまとめています。
関連記事

希望にそぐわない転職情報案件の断り方とは?

希望にそぐわない転職情報案件の断り方について 転職コンサルタントの先生と相談をかさね、いざ、転職情報の案件が紹介されたときのケースです。 いつも魅力的な案件ばかりですとと嬉しいんですが、残念ながら時に...

ヘッドハンターとヘッドハンティングについて

ヘッドハンター,ヘッドハンティング

人材派遣会社でスキルアップする方法とは?

人材派遣会社でスキルアップする方法があるとしたら、興味ありますよね。 あなたは転職・再就職するに当たって、求人先の要求に見合うキャリア、スキルを十分持ち合わせているでしょうか? もちろん、条件を満たし...

転職コンサルタントから、こんな質問をされたのですが・・

転職コンサルタント,転職エージェント,キャリアコンサルタント

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索