トップ > 求人のプロ転職コンサルタント > ヘッドハンターとヘッドハンティングについて

ヘッドハンターとヘッドハンティングについて

ヘッドハンターとヘッドハンティングについて考えてみます。

転職の1つのキッカケとして、ヘッドハンターから声がかかることがあります。ヘッドハンターは、あなたを見ている誰かの紹介をうけて連絡をしてくるわけです。ヘッドハンターを介しての転職は、報酬のアップも期待できます。

また、転職先の会社と入社交渉時に何かトラブルがあっても、「ヘッドハンターが私の真意と違う情報を御社に伝えています。私の真意と異なります。」などとヘッドハンターを都合よく利用することもある程度できるようです。

しかし、ヘッドハンターが最初に連絡をしてくる時ですが、会社の代表電話にかけてきたり、会社のメールアドレスを利用してあなたに声をかけてくるのが一般です。しかし、個人情報保護法が施行されて以来、ヘッドハンターが自己を名乗らないために取り次いでもらえず、あなたにヘッドハンターが接触をすることが出来ない場合がかなりあるそうです。

もし、機会があればヘッドハンターと接触をして転職を希望している方には、次の方法をおススメします。まず、ヤフーなどのフリーメールを取得して、それを会社の名刺にプライベート用のメルアドとして書き添えておくのです。そして、普段から「プライベートなご連絡はコチラにお願いします。」と伝えておくのです。

こうすれば、会社に知られずにヘッドハンターと接触できる可能性がぐっと増しますし、携帯からでもメールを見ることができるのでたいへん便利です。


転職を具体的に考えていない人でも、ヘッドハンティングの話を持ち込まれると気持ちが揺らぐ場合が多いのではないでしょうか。

ヘッドハンティングの場合は、現在より収入が多くなるのが普通です。何よりも自分の能力を相手方は高く評価しているわけですから、オファーを受ける受けないにかかわらず、話を持ち込まれて気分を害する人は少ないでしょう。

しかし、安直にヘッドハンティングの話を受けると後悔することも多いようです。ヘッドハンティングの話を受ける結論を出す前に、企業がなぜヘッドハンティングするのかを考えてみるといいでしょう。例えば新規事業を立ち上げるために有能な人材が必要なのかもしれません。

あるいは、新たなプロジェクトを成功させるために強いリーダーシップを持った人材を欲しがっているのかもしれません。どちらにしても、企業側とっては人材をヘッドハンティングしてまで取り組もうとしているわけですから、強い決意が感じられます。ヘッドハンティングを受けたことに有頂天にならず、まず企業が自分のどういった能力を高く評価しているのかを自分なりに分析することです。

過去に大きな実績を残している場合、周りの協力者がいて成し得た結果かもしれません。同じ様な人材、環境が転職先で整っているかどうかわからないわけですから、どういう環境下においても同じ結果を引き出せる強い自信がなければ、失敗する確率が非常に高くなります。

ヘッドハンティングは本来持っている能力だけではなく、その能力により、具体的な成功結果が得られることを期待して企業は雇用契約を結ぶわけですから、能力がない、期待した結果が得られないと判断されれば解雇もやむを得ないでしょう。

そうなると自分の人生設計自体が大きく崩れることになってしまいます。ヘッドハンティングは大きなチャンスであるとことに変わりはありませんが、採用側との充分な意思疎通を図って、納得した上で結論をだすことが望ましいでしょう。


ヘッドハンティングする側は、独自の色々な情報網を持っているそうです。優良な人材を転職先に進める為です。ではどんな人材がヘットハンティングされるのでしょう。

大多数はその道のスペシャリストであること。人材は即戦力として期待されています。30代以上の方には、管理能力も求められるそうです。ヘッドハンターも超有能な人材のみ扱っているわけではありません。彼らも人を転職させて初めてお金が貰える商売です。

ではどんな人が対象となるのでしょう。それは、キャリアアップ思考が高い、自らを売り込みに来るような人材は大歓迎してくれます。転職を考えてる人材は向こうからしても喉から手が出る程ほしいのです。彼らが求める人材は、仕事を通して、自分を高められる人材か。自分の能力を高められる逸材か。というところです。

ですのでヘッドハンティングされなければ、自分から売り込むことも一つです。注意したいのは、収入の話は最初にはしないことです。収入だけにこだわっている様な人材は紹介できないからです。紹介する側にたって考えたら分かるとことです。ヘッドハンティングされる人材は自分から売り込むような人も歓迎されることを忘れないで下さい。

この記事のカテゴリーは「求人のプロ転職コンサルタント」です。
転職専門コンサルタントが存在します。その仕事内容や相談の受け方などをまとめています。
関連記事

希望にそぐわない転職情報案件の断り方とは?

希望にそぐわない転職情報案件の断り方について 転職コンサルタントの先生と相談をかさね、いざ、転職情報の案件が紹介されたときのケースです。 いつも魅力的な案件ばかりですとと嬉しいんですが、残念ながら時に...

ヘッドハンターとヘッドハンティングについて

ヘッドハンター,ヘッドハンティング

人材派遣会社でスキルアップする方法とは?

人材派遣会社でスキルアップする方法があるとしたら、興味ありますよね。 あなたは転職・再就職するに当たって、求人先の要求に見合うキャリア、スキルを十分持ち合わせているでしょうか? もちろん、条件を満たし...

転職コンサルタントから、こんな質問をされたのですが・・

転職コンサルタント,転職エージェント,キャリアコンサルタント

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索