トップ > 求人のプロ転職コンサルタント > ヘッドハンティングされる人材とは?

ヘッドハンティングされる人材とは?

ヘッドハンティングされるような人材とは?

ヘッドハンターにスカウトされて、好条件の転職先にゴールイン!これは理想の展開です。

映画やテレビの世界の話ではなく、現実的にかなり頻繁にあなたの周りでもヘッドハンティング
は行われています。

さて、どうしたらヘッドハンティングされるのでしょうか?

それにはまず、ヘッドハンティング側の世界を知っておくことが必要ですね。

ヘッドハンティングする側は、独自の多数のルートを通じて色々な情報網を持っています。

ヘッドハンター自身を通して、優良な人材を転職先である求人会社に紹介しています。

つまり、ヘッドハンターの人たちは、求人している転職先へ派、優秀な人材を紹介した実績、
転職希望者へは、希望に応じた転職先の斡旋実績という双方向の信用を築いて、
地歩を確保しています。

つまり、ヘッドハンター個人の力量がものを言いますから、属しているヘットハンティング会社
の社名は使いますが、どちらかというと、その人本人の顔・人脈・情報網でビジネスを
成立させているわけです。

こうしたあたりが、キャリアコンサルタントや、エージェント、人材派遣会社などと
ヘッドハンティングとの違いだと思います。


それでは、ヘッドハンティングされる人材とはどんな人なんでしょう?

絶対条件は、その道のスペシャリストであることです。
英語・パソコンが出来れるのは必須といっても過言ではないでしょう。

30代〜40代の人材は即戦力として期待されています。
マネジメント・管理能力を求められることが多いからです。

どちらかというと、この段階のニーズとしては、経歴や資格より実戦経験が重要視されます。

しかし、ヘッドハンターがエリート・スーパーマンのみしか扱っていないのかというと、
そんなことはありません。

先に書きまし通り、ヘッドハンターといえども、求人会社にふさわしい人を転職させて
初めてお金が貰える商売です。

転職意欲のある、キャリアアップ思考が高い、自らを売り込みに来るような人材は
大歓迎してくれます。

ですから、どうせヘッドハンティングなど自分には縁のない世界、関係ない話と
決め付けないで下さい。

ハンティングされければ、はんたいにこちらから自分を売り込めば良いのです。
こうしたことは、自分で人材紹介会社等に登録するのと同じことです。

自分に自信があり、転職を考えているほどの人材は、向こうからしても喉から手が出る程
ほしい場合が多いのです。

さて、一点、注意してほしいことがあります。
それは、収入の話は最初にはしないことです。

ヘッドハンターが求める人材は、

・自分の能力を高められる逸材か?
・仕事を通して、自分を高められる人材か?

というところです。

エンド(紹介先)に自分の信用を売っているので、収入だけにこだわっている様な人材は
紹介できなのです。

というわけで、ヘッドハンティングされるには?をまとめると、

(受身なら)スペシャリストであること!

されない場合は?

自分から売り込む!

さあ、スキルをさらに磨いて、声がかかるように準備しておきましょう。
また、待ちの姿勢ばかりではなく、積極的に自分を売り込む精神力も鍛錬しておきましょう。
面接の際に絶大な力を発揮します。

この記事のカテゴリーは「求人のプロ転職コンサルタント」です。
転職専門コンサルタントが存在します。その仕事内容や相談の受け方などをまとめています。
関連記事

希望にそぐわない転職情報案件の断り方とは?

希望にそぐわない転職情報案件の断り方について 転職コンサルタントの先生と相談をかさね、いざ、転職情報の案件が紹介されたときのケースです。 いつも魅力的な案件ばかりですとと嬉しいんですが、残念ながら時に...

ヘッドハンターとヘッドハンティングについて

ヘッドハンター,ヘッドハンティング

人材派遣会社でスキルアップする方法とは?

人材派遣会社でスキルアップする方法があるとしたら、興味ありますよね。 あなたは転職・再就職するに当たって、求人先の要求に見合うキャリア、スキルを十分持ち合わせているでしょうか? もちろん、条件を満たし...

転職コンサルタントから、こんな質問をされたのですが・・

転職コンサルタント,転職エージェント,キャリアコンサルタント

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索