トップ > 有利な履歴書の書き方 > 履歴書・職務経歴書と同じだけ大切な応募フォームの書き方

履歴書・職務経歴書と同じだけ大切な応募フォームの書き方

履歴書・職務経歴書と同じだけ大切な応募フォームの書き方

応募フォームは、履歴書・職務経歴書と同じです

また、応募フォームの記載は大変時間がかかります。
自己PRができるように下書きをワード等でしておきましょう。

応募フォームには、記載が必須の欄と必須でない自由記入の欄(備考欄)があります。

自由記入の欄は、できるだけ空欄は避けましょう。

なぜかというと、伝えたいことがない、意欲も能力も無い応募者と捉えられてしまう恐れがあるからです。

ライバルに差をつけるには、自由記入欄にも力を注いで自己PRをしましょう。

自由記入の欄の代表が「職務経歴欄」です。

情報を項目立てて整理し、一行の文字数も考えてながら、読みやすいように記載します。

文字化けする恐れのある記号や数字は、使用しない方が良いでしょう。

自己PRしたい事柄は、情報のなかで埋もれないように厚く記載します。すべてをくわしく書くのは、伝えたい情報のアピール効果がうすれます。

要は、見やすく・アピールしたいポイントが採用担当者の目に入るように記載するわけです。

応募フォームを利用して応募した場合、その応募フォームは保存ができるのが通常です。

こうして一度保存しておけば、別の企業に応募するときに以前の応募フォームを呼びだして利用することができます

ただし、注意すべきは、応募先ごとにアピールポイントが異なる場合があるので、必ず応募先ごとに内容の見直し修正・追加をしましょう。

そのままの流用では不自然なところが出てくる場合があります。


転職をうまく決めるには、やはり日頃からのこまめな情報収集が欠かせませんね。

沢山出回っている求人誌や求人広告ですが、毎日のように更新され、こんなに人材を途中募集する企業があるのかと思ってしまいます。

これは毎日転職できるチャンスがあるということでもありますが、特に毎年、ボーナス時期や転勤、異動の時期になると「転職フェア」「キャリアアップ」といった文字が、インターネットや雑誌、電車の中の広告などに目立ってきます。

普段から転職を意識している人には、より良い企業への転職を目指して情報収集する良いチャンスです。企業も、良い人材を確保しようとこの時期を狙って動きが活発になります。

今の会社ではやれる仕事が限られているから今すぐ転職したい、来年には転職したいから情報収集から始めようかな、と転職をするタイミングは人それぞれです。

ただこのタイミングこそ、転職の失敗・成功の分かれ道になりかねません。

単に経験があるから、十分にスキルを満たしているから、とか、市場価値が高いから、というだけで良い転職につながるとは限りません。

同じ資格やスキルであっても、入れる時期、入れる企業は異なるものです。普段から情報を収集している人は、対象とする企業の募集要項がどのように変化しているか比べられます。

自分に有利な条件で転職するため、タイミングを逃さないためにも、常にアンテナを張りめぐらせておくことが大事ではないでしょうか。

この記事のカテゴリーは「有利な履歴書の書き方」です。
転職に有利な履歴書・経歴書の書き方があります。面接に通過するためにも書類選考をまず勝ち抜きましょう。
関連記事

転職理由の書き方について

転職理由の書き方一つで、採否に関わってきます。それほど、転職理由の書き方は大事なのです。 転職理由は、当然のことながら人様々です。 キャリアアップ、人間関係の縺れ、給与の問題などなど、枚挙に暇がありま...

転職志望動機書き方のポイントとは?

転職の決め手となる転職志望動機の書き方のポイントについてです。 転職を考えるあなたが、やっと希望の企業をみつけることができた。 となると、次のハードルは「履歴書」の書き方になるでしょう。 転職の際の履...

職務経歴書の書き方について

書類選考を通過しなければ、面接にまで進めません。履歴書に続いて重視される食経歴書の書き方について知っておきたいことを下記にまとめました。 職務経歴書の書き方のスタイルには、大きくわけて「編年式」と「キ...

ごく短い期間の勤務履歴は書くべきか?

ごく短い期間の勤務履歴は書くべきか?・・迷う人は多いでしょう。 履歴書というのは、あなたのことを転職・再就職応募先企業に知ってもらうための大事な書類です。 どんな会社で、どんな職種で、どのくらいの期...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索