トップ > 有利な履歴書の書き方 > 職務経歴書に経験と強みを訴えかける方法とは?

職務経歴書に経験と強みを訴えかける方法とは?

職務経歴書に経験と強みを訴えかける方法とは?・・そな職務経歴書の書き方を考えてみましょう。

職務経歴書を書き進めていて、所定の欄の記入は埋まっても、例えば、こういう点で筆が止まることはないでしょうか?

特に、あまり「経験」や「強み」が無いという場合など。

さて、こういった場合、どうしたら良いでしょうか?

アピールすべき自分の長所、強みが見つからないという方は、まずはブレインストーミングを試してみることをお奨めします。

ブレインストーミングのルールとして、こんなくだらないこととか、これは評価されないな、などと規制をしてはいけません。

目的は、ありったけを洗いざらい出し切ることですから。

いったん書き出したもののなかから、自分の中でこれは!というものがあったとします。

経験が少ない方、強みがあまり見つからない方は、自分が一番アピールしたい所を詳しく書いてみましょう。

どうアピールすれば良い?

・いつ
・どこで
・何をした

を書くのは最低限だと思いますが、それプラス、

・いつ(どの位の期間)
・(人)数
・あなたの役割

を詳しく書きいてみましょう。

あなたの役割を明確にした上で、

・その時学んだこと、学ばされたこと
・そのプロジェクトの結果
(失敗に終わったでも、プロセスを経て学んだことがあれば可です)

を付け加えます。

数字はできる限り具体的に入れまあしょう。

というのも、なぜか?人は不思議と数字に訴えられると弱いからです。

これはプロジェクトに参加したことを想定したアピールを例にとりましたが、
他の場合であっても、基本は同じことです。

自分が携わった仕事で、強みになると思ったところを出来るだけ厚くしてみましょう。

そして最後に自分としてのオリジナリティーを出すのを忘れずに。
こうしたメッセージは、採用者が知りたいところであり、あなたらしさをうたえることのできるものだからです。

この記事のカテゴリーは「有利な履歴書の書き方」です。
転職に有利な履歴書・経歴書の書き方があります。面接に通過するためにも書類選考をまず勝ち抜きましょう。
関連記事

転職理由の書き方について

転職理由の書き方一つで、採否に関わってきます。それほど、転職理由の書き方は大事なのです。 転職理由は、当然のことながら人様々です。 キャリアアップ、人間関係の縺れ、給与の問題などなど、枚挙に暇がありま...

転職志望動機書き方のポイントとは?

転職の決め手となる転職志望動機の書き方のポイントについてです。 転職を考えるあなたが、やっと希望の企業をみつけることができた。 となると、次のハードルは「履歴書」の書き方になるでしょう。 転職の際の履...

職務経歴書の書き方について

書類選考を通過しなければ、面接にまで進めません。履歴書に続いて重視される食経歴書の書き方について知っておきたいことを下記にまとめました。 職務経歴書の書き方のスタイルには、大きくわけて「編年式」と「キ...

ごく短い期間の勤務履歴は書くべきか?

ごく短い期間の勤務履歴は書くべきか?・・迷う人は多いでしょう。 履歴書というのは、あなたのことを転職・再就職応募先企業に知ってもらうための大事な書類です。 どんな会社で、どんな職種で、どのくらいの期...

転職理由の書き方について

転職理由の書き方一つで、採否に関わってきます。それほど、転職理由の書き方は大事なのです。 転職理由は、当然のことながら人様々です。 キャリアアップ、人間関係の縺れ、給与の問題などなど、枚挙に暇がありま...

転職志望動機書き方のポイントとは?

転職の決め手となる転職志望動機の書き方のポイントについてです。 転職を考えるあなたが、やっと希望の企業をみつけることができた。 となると、次のハードルは「履歴書」の書き方になるでしょう。 転職の際の履...

職務経歴書の書き方について

書類選考を通過しなければ、面接にまで進めません。履歴書に続いて重視される食経歴書の書き方について知っておきたいことを下記にまとめました。 職務経歴書の書き方のスタイルには、大きくわけて「編年式」と「キ...

ごく短い期間の勤務履歴は書くべきか?

ごく短い期間の勤務履歴は書くべきか?・・迷う人は多いでしょう。 履歴書というのは、あなたのことを転職・再就職応募先企業に知ってもらうための大事な書類です。 どんな会社で、どんな職種で、どのくらいの期...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索