トップ > 有利な履歴書の書き方 > 転職応募の書類3点セットの具体的書き方の注意点 その4.「職務経歴書」「添え状」

転職応募の書類3点セットの具体的書き方の注意点 その4.「職務経歴書」「添え状」

転職応募の書類3点セットの具体的書き方の注意点 その4.「職務経歴書」と「添え状」について


転職応募先に提出する「履歴書」「職務経歴書」「添え状」の3つの書類の書き方の具体的注意事項を、4回にわたって説明いたします。これで最後になります。


職務経歴書の形式・用紙のサイズは、履歴書に合わせましょう。

B5かA4サイズを使用します。

白色で無地の用紙を使用します。
色柄はいけません。・横書きで記載します。

パソコンでワード・エクセル等を利用して作成します。

手書きでも問題はありませんが、パソコンで作成する方が好印象です。

上下左右に余白をとります。
採用担当者がファイリングがしやすいようになので、特に左と上の余白に注意しましょう。

枚数は1枚〜2枚です。多くても3枚までが通常です。

当然ですが、誤字・脱字・不正確な日本語の使用は厳禁です。


職務経歴書に記載する項目標準的なものについて

タイトル:「職務経歴書」と記載します。

日付:提出日を記載します。

応募職種・氏名、住所、TELなど:氏名は、ふりがなをつけます。

職務経歴:社名・資本金・事業内容・従業員数・配属部署・役職・職務内容を記載します。

担当業務と実績は数値化して示すのが効果的です。応募先の業務に関連のある事柄は詳細に記載します。

専門知識・資格・特技:応募業務に関連する資格・研究などは漏れなく記載します。パソコンスキルは今や必須ですので記載します。

語学のスキルもあれば記載します。

自己PR、前職の退職理由:応募先の業務に対して、いかに自己が向いているかを、職務経歴や専門スキルを踏まえて記載します。

応募職種に応じてアピールのポイントは異なります。たとえば、営業職なら実績を数値化してアピール・事務職ならOAスキルをアピール

販売職なら商品知識・接客スキルをアピールすべきとなります。


職務経歴書の構成について

職務経歴書の記載方法は様々ですが、大きく分けて、3つの記載パターンがあります。

採用担当者に見やすくアピールしやすい方法で記載します。

1.年代順式

一番無難な記載方法です。
履歴書の職歴欄のように年代順に業務内容等を具体的にできれば数値を示し記載します。ただ、アピールしたい業績が目立ちにくいので、自己PR欄を別途設けてカバーすると効果的です。

2.逆年代順式

最新の担当業務から記載します。
技術者や専門職の方、中高年の方に向いています。

3.キャリア別式

転職経験が多い方に適しています。応募業種に関係する業務から記載するなどの優先順位に注意が必要です。


添え状について

送付書類に添え状を添えると、社会人としてのマナーを身に着けていることを印象付けます。


添え状の形式とは?

履歴書や職務経歴書と同じサイズを使用します。

履歴書等との統一感から、横書きにします。パソコンで記載する方が一般的です。

日付:提出日を記載します。

応募先名を記載します。
応募先の会社名の後に、「採用ご担当者様」などのように記載します。

氏名・住所・タイトル:「○○職の応募について」などのように記載します。

ビジネスレター形式で記載します。
最初に、「拝啓」という頭語を用いてあいさつ文からはじめます。文末は、「敬具という結語で締めくくります。」


本文の構成

応募の挨拶:求人情報を知った経緯(新聞名・日付など)を述べ、希望する職種を明確に記述します。

自己PRと志望動機応募先にどのような利益を与えるか、経験や実績、能力などを簡潔にアピールします。志望動機は省略しても良いが、応募先への職種の意欲と関心を具体的に述べるのも効果的です。

送付物の案内と面接の申込み:添え状の最後に、履歴書・職務経歴書を同封した旨を伝えます。そして、面接の申込を丁寧に依頼します。


応募書類の郵送方法について

社会人としての常識が疑われるのでミスのないようにしましょう。

書類は、添え状を一番上にして、履歴書、職務経歴書と続きます。

三つ折りで送るときは、「履歴書」は記載のある面が表で写真が一番上になるように折ります。

「添え状と職務経歴書」は記載のある面が内側で表には記載が見えないよう折ります。


封筒の書き方とは?

会社名は正式名称で記載します。
住所も都道府県から書きます。A宛名は封筒の中央に、少し大きめの字で記載します。

「御中」と「様」の使い分けに注意してください。
例えば、「○○株式会社 人事部御中」、「○○株式会社 人事部 山本様」のように記載します。

左端の下寄りに「履歴書在中」と朱書きします。C裏面には、郵便番号も忘れずに記載します。また、封印箇所の中心に「〆」または、「封」、「緘」などとします。

遅配対策として、投函日も記載しておくのが無難です。

切手の貼り忘れや料金不足が以外に多いので注意してください。

この記事のカテゴリーは「有利な履歴書の書き方」です。
転職に有利な履歴書・経歴書の書き方があります。面接に通過するためにも書類選考をまず勝ち抜きましょう。
関連記事

転職理由の書き方について

転職理由の書き方一つで、採否に関わってきます。それほど、転職理由の書き方は大事なのです。 転職理由は、当然のことながら人様々です。 キャリアアップ、人間関係の縺れ、給与の問題などなど、枚挙に暇がありま...

転職志望動機書き方のポイントとは?

転職の決め手となる転職志望動機の書き方のポイントについてです。 転職を考えるあなたが、やっと希望の企業をみつけることができた。 となると、次のハードルは「履歴書」の書き方になるでしょう。 転職の際の履...

職務経歴書の書き方について

書類選考を通過しなければ、面接にまで進めません。履歴書に続いて重視される食経歴書の書き方について知っておきたいことを下記にまとめました。 職務経歴書の書き方のスタイルには、大きくわけて「編年式」と「キ...

ごく短い期間の勤務履歴は書くべきか?

ごく短い期間の勤務履歴は書くべきか?・・迷う人は多いでしょう。 履歴書というのは、あなたのことを転職・再就職応募先企業に知ってもらうための大事な書類です。 どんな会社で、どんな職種で、どのくらいの期...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索