トップ > 面接で転職・再就職は決まる > 採用面接の際に必ず聞かれる前職の退社理由の答え方とは?

採用面接の際に必ず聞かれる前職の退社理由の答え方とは?

採用面接の際に必ず聞かれる前職の退社理由の答え方とは?

転職での採用面接の際に、必ずと言っていいほど聞かれることがあります。
それは、前職の退社理由についてです。

会社が面接で応募者の退職理由を知ろうとするのは、そこに応募者本人の人となりや資質を知るためのヒントが見出せるからです。

会社側が採用前に知って、回避したいことは主に下記のようなことです。

1.前の会社で、会社に迷惑を掛けるような問題を起こしてはいないか、それが離職の原因ではないか?

前職で問題を起こした人間を採用すると、又同じような問題を起こさないとは限りません。わざわざトラブルメーカーを抱え込むことは避けるでしょう。

2.また同じような理由で辞めてしまわないか?

その退職理由によっては、最初から採用しない方が良いのではないかと判断する基準となります。せっかく採用しても、すぐに辞められたのでは、採用活動にかけた手間やコストがすべて無駄になってしまいますから。

3.不平不満への対応力があるかどうか?

会社に対する不平不満があっての退職であっても、それに対して解決のために努力したか、どう対応したかを知ることにより、応募者の問題への対応力や解決能力、仕事への取り組み姿勢がわかります。

退職理由を話す場合には、前職への不満だけが理由にならないように注意し、前向きな今の自分の気持ちを伝えるようにします。

「退職の原因」があって「自己分析」を行った結果として、こんな仕事がしたいという「志望動機」になって、その企業に応募した経緯となったはずです。

退職理由と志望動機は表裏一体ですから、前向きに受け取られるよう工夫して話すようにしましょう。


めでたく、転職や再就職の採用面接がうまく行って、採用が決まりました。
次にやるべきことは、現職をやめることですね。

退職を決めた場合、会社にそれを伝えるタイミングも大切になってきます。

ドラマに出てくるように、いきなり退職願いを突きつけるのはいただけません。まずは直属の上司に、報告という形で辞意を伝えて、その後で正式に退職願を出すのが礼儀ですし、円満退社の秘訣といえるでしょう。

自分の都合も大事ですが、お世話になった会社への影響は最小限にすることが社会人としての基本です。

ゆとりある日程を組み、誠意をもって上司に相談しましょう。民法上は意志表示をしてから2週間以上あれば退職は可能ですが、就業規則にのっとって相談して決定するのが望ましいでしょう。

目安として、退職意志表示から退職までの期間は1ヶ月程度と考えましょう。業務に差し支えないように、退職日を決め、退職願を提出します。その上で内定後入社日を考え、内定先企業と調整することが重要です。

上司に伝える前に退職の意向を同僚などに口外するのは禁物です。職場の雰囲気やチームワークを乱すことにもなりかねませんし、噂が広がれば自身が居心地の悪い思いをすることになってしまいますし、噂から上司の耳に入ることはとても失礼なことです。

上司に退職理由を聞かれた場合、会社に対する不平不満などは言語道断。本音はふせて無難に家庭上の都合や「夢の実現」など個人的な理由にしておいたほうがお互いに気持ち良いものです。

退職届にも退職理由は慣例に従い「一身上の都合」としておきましょう。退職届を出して即日辞められるものではありませんから、退社する日まで気持ちよく働いて次の会社へ移れるような円満退社をしましょう。

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。
転職、就職の最大関門である面接のコツ、採用に至る面接での対応と自己アピールなどをまとめてみました。
関連記事

面接ではコミュニケーション能力が問わる

どんな職種においてもチームやグループ単位の複数人数で一つの仕事を仕上げていきます。大きなプロジェクトになるほど、多くの人が携わり、それぞれ担当のエキスパートが集まります。その際に各担当のプロ同士がお互...

求人・求職・転職活動における面接のコツとは?

求人・求職・転職活動における面接のコツはあるのでしょうか? 求人・求職・転職活動において、大きい関門である面接なくして、採用に至るものではありません。 ですから、でれもが面接の「コツ」などを知りたいわ...

面接の鉄則!「時間厳守」

面接,鉄則,時間厳守

転職の面接における質問や回答例など

転職の面接における質問や回答例など、転職に当たって気になるところをおさえておきましょう。 転職活動の際、何とか面接にこぎつけても、いざというときにあわてるような質問をされて、 きちんと受け答えができな...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索