トップ > 面接で転職・再就職は決まる > 面接の練習方法はどうしたらよい?

面接の練習方法はどうしたらよい?

これまでの転職活動の成果が試されるのが面接の場です。

面接の練習はどうしたらよい?

イメージトレーニングなどはどうでしょう?

面接の場で起きうることを想定して、色々考えておくのはしておいた方が良いと思いますが、もったいないと思うのが、想定だけで終わる人の場合です。

想定済みだから大丈夫!と思っていても、いざ本番は意外とスムーズに行かないものです。

イメージトレーニングも一定の効果はありますが、お薦めなのは実際に声に出すことです。

頭の中だけで済ますのが絶対ダメということではないですが、必ず、声に出して見ましょう。

実践してみて始めて、色々気付くことがあります。
これはやった人にしか分かりませんね。

確かに面倒ですし、気後れします、ましてや一人とかだと。


イメージトレーニングだけで本番にのぞみ、もし仮に上手くいかなかったとしたら?

事前にロールプレー(実際に声に出した練習のことです)をしていたら、
気づいていたであろうところで、上手くいかなかったとしたら、あなたなら納得できますか?

最初の実践を何も本番にしなくてもよいんじゃないですか?と思うのです。

エージェントもしくはキャリアコンサルタントに頼んで、擬似面接をやってもらいましょう。

初めての方は特に、色々と発見があると思います。

そこでの失敗は何のマイナスにもならないので、模擬の内に色々しでかし、
修正できた方がプラスだと思います。


面接の場における自己紹介について

「まず、簡単にあなたの自己紹介をして下さい。」

面接に際して緊張していたこともあり、初めに想定されるこの質問に、シドロモドロになり、その後も、上手く喋れなかった。

そんあ経験はありませんか?


この質問の意図は、もちろん、あなたのことを手っ取り早く本人から聞くというのもありますが、その他にも、

・しゃべらせて緊張をほぐすため
・コミュニケーション表現力をみる
・人柄をみる

など等、いろんな狙いはあると思います。

ただ、狙いがどうであれ、自己紹介位は出来ないとこの先、辛いです。


今回は転職の面接時の自己紹介なので、普段の自己紹介と違うところは、
自分の特技・売りの部分を少し強調すると良いと思います。

全部ここでアピールする必要はありません。

肝心な所は、後程、仕事の話を通して、説明・アピールするので、ここでは、この後でにつなげられるような自己紹介が出来ると、その後のやり取りでも、活かせると思います。

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。
転職、就職の最大関門である面接のコツ、採用に至る面接での対応と自己アピールなどをまとめてみました。
関連記事

面接ではコミュニケーション能力が問わる

どんな職種においてもチームやグループ単位の複数人数で一つの仕事を仕上げていきます。大きなプロジェクトになるほど、多くの人が携わり、それぞれ担当のエキスパートが集まります。その際に各担当のプロ同士がお互...

求人・求職・転職活動における面接のコツとは?

求人・求職・転職活動における面接のコツはあるのでしょうか? 求人・求職・転職活動において、大きい関門である面接なくして、採用に至るものではありません。 ですから、でれもが面接の「コツ」などを知りたいわ...

面接の鉄則!「時間厳守」

面接,鉄則,時間厳守

転職の面接における質問や回答例など

転職の面接における質問や回答例など、転職に当たって気になるところをおさえておきましょう。 転職活動の際、何とか面接にこぎつけても、いざというときにあわてるような質問をされて、 きちんと受け答えができな...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索