トップ > 面接で転職・再就職は決まる > 面接ではコミュニケーション能力が問わる

面接ではコミュニケーション能力が問わる

どんな職種においてもチームやグループ単位の複数人数で一つの仕事を仕上げていきます。大きなプロジェクトになるほど、多くの人が携わり、それぞれ担当のエキスパートが集まります。その際に各担当のプロ同士がお互いの主張だけをぶつけていてはいつまで経っても仕事が進みません。

そんな場面で色々な人の意見や主張を良く聞いて、それをうまくつないで、前に進められる人が必要となってきます。今まででもコミュニケーション能力のある人が求められたのは言うまでもありませんが、これからは特に「つなぐ」コミュニケーションのできる人がポイントとなってきます。

個人、チーム、部署同士がうまくコミュニケーションできるかどうかは、会社が発展していく上で大きな差になると考えられるからです。どんなジャンルでも製品のサイクルは短くなっているので、これからはますます顧客のニーズに応えるだけの受身の姿勢ではなく、さらにそれを超える提案を発信していかなければならなりません。企業同士でもしのぎを削っていち早く新しい商品やサービスを提供していかなければならない昨今、時間との勝負を要する場面で多くの意見を短時間でまとめられる人が求められます。

相手の言うことをまず的確に理解する力、こちらの考えを整理して伝達する力というのは、すべてにおいてベースになる能力ですが、さらに多くの意見をまとめて繋いで前に進めていける、コミュニケーションリーダーの存在が重要な役割を果たします。個人の能力主義を奨励する一方で、大きな組織ほど密なコミュニケーションをとって、互いのより良い意見や主張を協調性もってまとめ上げていく作業が必要となります。

面接では特に、相手に対していかに自分をアピールできるか、うまく自分を伝えられるかと言うコミュニケーション能力が問われます。

いくら限られた時間の中で自分を知ってもらうためとは言え、ただ用意してきた経歴や自慢話を一方的に話すだけではいけません。まずは相手の言うことをよく聞くことが必要です。相手が期待している答えは何なのかを自分なりに理解した上で、自分のことを話しましょう。

こういった当たり前のコミュニケーションの出来ない人が多くなっていますので、普段から人の話をよく聞くという姿勢を意識しておかなければなりません。そして他人の意見と自分の意見の違いを分析・理解して、いかに早く妥協点や改善方法を見出していけるかという能力を磨いていきましょう。

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。
転職、就職の最大関門である面接のコツ、採用に至る面接での対応と自己アピールなどをまとめてみました。
関連記事

面接ではコミュニケーション能力が問わる

どんな職種においてもチームやグループ単位の複数人数で一つの仕事を仕上げていきます。大きなプロジェクトになるほど、多くの人が携わり、それぞれ担当のエキスパートが集まります。その際に各担当のプロ同士がお互...

求人・求職・転職活動における面接のコツとは?

求人・求職・転職活動における面接のコツはあるのでしょうか? 求人・求職・転職活動において、大きい関門である面接なくして、採用に至るものではありません。 ですから、でれもが面接の「コツ」などを知りたいわ...

面接の鉄則!「時間厳守」

面接,鉄則,時間厳守

転職の面接における質問や回答例など

転職の面接における質問や回答例など、転職に当たって気になるところをおさえておきましょう。 転職活動の際、何とか面接にこぎつけても、いざというときにあわてるような質問をされて、 きちんと受け答えができな...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索