トップ > 転職活動の基礎 > 転職に成功する人、しない人の大きな違いとは?

転職に成功する人、しない人の大きな違いとは?

転職に成功する人、しない人の大きな違いとは

転職に成功する人としない人のもっとも大きな違いとは、明確な目標をもっているか、いないかが、分かれ目のように思います。

次の会社では、どんな仕事をやりたいとか、こんな形で会社のために貢献し、自分のキャリアを積んでいきたい、など明確な転職の動機、転職の志望があるかどうかということです。

転職とは、転職先において具体的に自身の希望を実現させ、今より幸せな生活を目指すためのものです。

ですから、前向きな姿勢が不可欠なのです。逆に後ろ向きな転職とは、「今の会社ではやりがいのある仕事がない(できない)」「上司が最悪だ」「人間関係がいやだ」など、自分の不満や逃げのマイナス思考理由で今の会社を辞めたいと思うケースのことです。

もしも、会社を辞めたいと思ったきっかけがマイナス要因であっても、それを転職活動中に引きずっていてはうまくいきません。

しかし現実的には、,後ろ向きな転職をしてしまう人がかなり多いのではないでしょうか?

不満をもとに転職をすれば、結局また次の会社でも同じような不満を見つけてしまう、また逃げ出したくなる、という悪循環に陥ることが多いのです。

スムーズに転職先が決まったとしても、そこがすぐに辞めたくなるような会社なら、それは転職に成功したとはいえません。

そもそも後ろ向きな理由で転職を希望する人に対しては,雇う側も不安になります。「転職理由が人間関係の不満なら、うちの会社も同じ理由ですぐ辞めるかも。だったら採用は見送ろう」と会社側に思われても仕方ありません。

まずは自分は何がしたくて、何を目指すために新たな仕事を探すのか、プラス思考の転職理由を自分自身とよく話し合いましょう。


転職を成功させるためには 「自分のキャリアの見直し」が不可欠です。

自分はこれまで具休的に何を身につけたのか?
具体的に何ができるのか?
今の自分の市場価値はどれくらいなのか?

こういったことを明確にし、さらにその価値を高めるにはどんな資格を取得すべきか、などを考えることです。

「自分には誇れるほどのキャリアなどない」と悲観する人も多いのですが、最初からあきらめてはいけません。

資格や営業成績など、ハッキリ目に見えるものだけがキャリアではありません。

キャリアの見直しは、これまでやってきた自分の仕事をあらゆる角度からチェックするのがポイントです。

どんな仕事をどうこなしてきたのか、その際に身に付けた手際の良さや、より早く終える為の自分なりの工夫はアピールになるかも知れません。より多くの観点から見直してみましょう。それによって得意分野と呼べる仕事が具体化するかも知れませんし、やってみたいと思う仕事が見つかるかも知れません。

明るい前向きな転職を目指し、まずは自身の希望を整理・再確認からはじめましょう。

この記事のカテゴリーは「転職活動の基礎」です。
転職する際にどうしても知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめています。
関連記事

適職検査の意味と大切さ

適職検査というのは、いろいろな角度から自己分析を行なうことによって、本人も気づいていないその人の本質を見いだし、職業を選ぶひとつの指標として役立てようというものです。適職検査は幅広い意味で使われること...

無料適職診断テストを受けてみましょう

適職診断テストを受けていますか?無料適職診断テストについて調べてみましたので、ごりようになったらいかがでしょう。 「この仕事は本当に自分に向いているのだろうか?」と、ふと疑問に思うことはありませんか?...

求人ジャーナルについて

求人ジャーナルは、群馬県高崎市に本社を置く昭和60年創業の会社です。毎週発行の新聞折込「求人ジャーナル」をはじめ、雑誌などでも多数の求人情報を提供しています。 また求人ジャーナルでは、求人情報誌「jo...

Iターン・Uターン就職・転職の相談センター情報西日本編

都会を離れて地方で働くことの魅力としてまずあげるのは、自然豊かな生活環境と時間的ゆとり。毎日の過酷な通勤地獄からの解放。プライベートの確保、。といったところでしょうか。ただし、地方での転職のチャンスは...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索