トップ > 転職活動の基礎 > MR職の転職は?

MR職の転職は?

MR職の転職について調べてみました。MR、MR職とはどんな職業かご存知ですか?MRの正式名称はMedical Representativeで、医薬情報担当者のことです。そんな風に言われてもサッパリかも知れません、かいつまんで言いますと、製薬会社の営業的なお仕事です。
ただし営業と言っても実際に販売するのでなく、医薬品についての情報提供、および情報収集を行うことになります。これは、直接病院などの医療機関に赴いて、お医者様や薬剤師、看護婦さんなどから、お話を聞いたり説明をしたりしなければなりません。

無論、MRには医学的な知識が必要であり、MR認定資格を取得せねばなりません。逆に言えば、その資格さえ取得すれば、誰でもMRに転職することが可能なのです。現在では、約7万人に近い資格取得者が存在し、各自、全国の医療機関に従事しています。

実を言いますと、医師免許などとは違いMR認定資格を持たずとも、法律的にはMRに転職することは可能です。ですが、それこそ他に医師免許や薬剤師の資格を持っている人間ならともかく、そうではない一般人がMRになるためには、資格は最低限必要なものだと言えるでしょう。

MRに転職するのは、まず第一に医療機関に勤めていた人が多いです。第二に、営業業務経験者からの転職あげられます。前述しました通り、MRは実際の販売こそしませんが、業務自体は、営業的なものですから、口下手な人間では転職するのは難しいでしょう。MRに転職するには、独学でも不可能ではありませんが、まずは何処かの「MR転職支援サイト」を尋ねてみるのが良いでしょう。「Wanna Be! MR」や「コントラクトMR」などが有名どころです。

この記事のカテゴリーは「転職活動の基礎」です。
転職する際にどうしても知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめています。
関連記事

適職検査の意味と大切さ

適職検査というのは、いろいろな角度から自己分析を行なうことによって、本人も気づいていないその人の本質を見いだし、職業を選ぶひとつの指標として役立てようというものです。適職検査は幅広い意味で使われること...

無料適職診断テストを受けてみましょう

適職診断テストを受けていますか?無料適職診断テストについて調べてみましたので、ごりようになったらいかがでしょう。 「この仕事は本当に自分に向いているのだろうか?」と、ふと疑問に思うことはありませんか?...

求人ジャーナルについて

求人ジャーナルは、群馬県高崎市に本社を置く昭和60年創業の会社です。毎週発行の新聞折込「求人ジャーナル」をはじめ、雑誌などでも多数の求人情報を提供しています。 また求人ジャーナルでは、求人情報誌「jo...

Iターン・Uターン就職・転職の相談センター情報西日本編

都会を離れて地方で働くことの魅力としてまずあげるのは、自然豊かな生活環境と時間的ゆとり。毎日の過酷な通勤地獄からの解放。プライベートの確保、。といったところでしょうか。ただし、地方での転職のチャンスは...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索