トップ > 転職活動の基礎 > 第二新卒と転職について

第二新卒と転職について

第二新卒とは、新卒で企業に就職したけれど数年程度の就労で退職して、その後また、新たな転職先を探している人を指す言葉です。第二新卒という言葉は主にバブル経済期に誕生した言葉で、バブル時代においては、労働力は大変貴重であり第二新卒者とは、現在よりももっと自分に都合の良い条件の会社に転職するために、あえて最初に入った会社を退職したような人を指しました。

それならば、第二新卒などせず、転職もせず、最初から自分に最も都合の良い会社を探せば良いわけですが、バブル時期に至っては、日を増すたびに景気があがり、条件があがっていきましたので、あとになってもっと条件の良い転職先を探す、こういった「第二新卒者」が続出したわけです。また、バブル時期においては、もっと条件の良い職場への転職というのが比較的に簡単に叶っていました。

そういう意味では、現在で言う「第二新卒」とは意味がずれてきています。
現在では、例えば大学卒業を間近にしても控え望みどおりの就職先が決まらなければ、とりあえず何処でもいいから、という気持ちで就職してしまう人も多いわけです。不況気味ですから、仕方がありません。確かに、何処にも就職できずにフリーターやニートをやるよりは良いのかも知れませんが、やはり後になって後悔するわけです。「この会社は自分に合わない」「もっと良い会社に入りたかった」と。もっと良い転職先を求めて現在でも第二新卒者は後を断ちません。ですが、実際は、新卒で入った会社より上のランクの会社へ第二新卒で転職出来る場合はほとんどないようです。ただし、それはあくまで給与的な意味であり、労働や仕事の内容、人間関係などという意味での好条件であれば、希望を叶えることは不可能ではないでしょう。

この記事のカテゴリーは「転職活動の基礎」です。
転職する際にどうしても知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめています。
関連記事

適職検査の意味と大切さ

適職検査というのは、いろいろな角度から自己分析を行なうことによって、本人も気づいていないその人の本質を見いだし、職業を選ぶひとつの指標として役立てようというものです。適職検査は幅広い意味で使われること...

無料適職診断テストを受けてみましょう

適職診断テストを受けていますか?無料適職診断テストについて調べてみましたので、ごりようになったらいかがでしょう。 「この仕事は本当に自分に向いているのだろうか?」と、ふと疑問に思うことはありませんか?...

求人ジャーナルについて

求人ジャーナルは、群馬県高崎市に本社を置く昭和60年創業の会社です。毎週発行の新聞折込「求人ジャーナル」をはじめ、雑誌などでも多数の求人情報を提供しています。 また求人ジャーナルでは、求人情報誌「jo...

Iターン・Uターン就職・転職の相談センター情報西日本編

都会を離れて地方で働くことの魅力としてまずあげるのは、自然豊かな生活環境と時間的ゆとり。毎日の過酷な通勤地獄からの解放。プライベートの確保、。といったところでしょうか。ただし、地方での転職のチャンスは...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索