トップ > 転職活動の基礎 > 外資系転職で秘書職を狙うには?

外資系転職で秘書職を狙うには?

外資系は転職で人気があります。そのなかで、秘書職を狙うにはどんなポイントがあるか見ていきましょう。

外資系の会社に転職する場合、英語力は必須です。

英語力がなくても、外資系に転職することは出来ますが、転職後のことを考えれば、有利なことは明らかです。

女性の場合、外資系の会社に転職する場合、英語力を生かした秘書などの職種がありますが、転職先の外資系の会社と日本の会社とでは、秘書の仕事の内容が違います。

外資系の会社の場合、転職したての秘書でも即戦力を求められます。
会社の役員クラスの秘書ともなれば、アシスタントと言うより、マネージャー的な役割を担います。
そもそもセクレタリーの意味には、秘書のほかに、大臣・事務局員と言う意味もあります。

日本にある外資系の会社に転職した場合、
日本人の秘書にとって通訳も重要な仕事になります。

通訳としての役割は、会話を翻訳すると言う単純なものではなく、外国人である上司の、文化的ギャップを埋める事も含まれます。
日本企業と外資系の企業が取引する場合、商慣習などの違いから、上手くいかない事がよくあります。

秘書だからと言って、会社のビジネスについての無関心である事は、許されません。

また、秘書としてビジネスに精通する事で、将来的には、秘書からのスッテプアップも望めます。

外資系の会社は、男女差別がなく、実力主義ですから、秘書と言う職業を足がかりに、キャリアアップを目指すのも、いい選択かもしれません。

秘書と言う職種は、国内企業でも外資系の企業でも、誰にでも出来るものではありません。

ましてや、外資系の場合、終身雇用などありませんから、能力のない秘書は、平気でクビにされますが、有能であれば、ステップアップの機会も多いとも言えます。

いかがでしょう?外資系転職で秘書職に付く自信は持てましたか?

この記事のカテゴリーは「転職活動の基礎」です。
転職する際にどうしても知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめています。
関連記事

適職検査の意味と大切さ

適職検査というのは、いろいろな角度から自己分析を行なうことによって、本人も気づいていないその人の本質を見いだし、職業を選ぶひとつの指標として役立てようというものです。適職検査は幅広い意味で使われること...

無料適職診断テストを受けてみましょう

適職診断テストを受けていますか?無料適職診断テストについて調べてみましたので、ごりようになったらいかがでしょう。 「この仕事は本当に自分に向いているのだろうか?」と、ふと疑問に思うことはありませんか?...

求人ジャーナルについて

求人ジャーナルは、群馬県高崎市に本社を置く昭和60年創業の会社です。毎週発行の新聞折込「求人ジャーナル」をはじめ、雑誌などでも多数の求人情報を提供しています。 また求人ジャーナルでは、求人情報誌「jo...

Iターン・Uターン就職・転職の相談センター情報西日本編

都会を離れて地方で働くことの魅力としてまずあげるのは、自然豊かな生活環境と時間的ゆとり。毎日の過酷な通勤地獄からの解放。プライベートの確保、。といったところでしょうか。ただし、地方での転職のチャンスは...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索