トップ > 転職活動の基礎 > 転職サイトランキングをチェック!

転職サイトランキングをチェック!

転職サイトランキングの常にトップを走るのがリクルートが運営する「リクナビNEXT」です。

求人数の多さは6,000件以上と転職サイトの中でもトップなのが魅力です。しかも大企業はもちろんベンチャーの求人にも幅広く対応しています求人情報の検索機能も使いやすく、転職パーフェクトガイドや転職アドバイザー相談など転職活動を支援するコンテンツも充実しています。

また、他を圧倒するスカウトサービスがあります。85万人以上の匿名レジュメ登録と月20万通を超えるオファーがあります。唯一の欠点は、会員登録時、Yahoo!JapanIDが必要になる点です。Yahoo!JapanIDをまだ持っていない人はリクナビNEXTに登録するまえに別途作る必要があります。

そして、ログインのたびにYahoo!JapanIDとリクナビのパスワードを入力するのは少し面倒です。1回のパスワードで済むようになれば申し分ない転職サイトだと思われます。

次に転職サイトランキングが高い転職サイトとして、「毎日キャリアナビ」があります。
毎日コミュニケーションズが運営する転職サイトです

求人数は約3,300件です。大手はもちろん中小ベンチャーの転職情報を幅広く取り揃えています。今元気がある成長企業の求人が多いのも大きな特徴です。転職をサポートしてくれるコンテンツは毎日キャリアナビが転職サイトでは、トップクラスの充実です。

会員登録すると利用できる転職MYコーチは、専任の転職アドバイザーに履歴書の書き方や面接、転職活動の上での相談をすることができます。特に、転職者の履歴書をブラッシュアップしてくれる履歴書コーチは登録者の8割が利用する優良コンテンツです。

この記事のカテゴリーは「転職活動の基礎」です。
転職する際にどうしても知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめています。
関連記事

適職検査の意味と大切さ

適職検査というのは、いろいろな角度から自己分析を行なうことによって、本人も気づいていないその人の本質を見いだし、職業を選ぶひとつの指標として役立てようというものです。適職検査は幅広い意味で使われること...

無料適職診断テストを受けてみましょう

適職診断テストを受けていますか?無料適職診断テストについて調べてみましたので、ごりようになったらいかがでしょう。 「この仕事は本当に自分に向いているのだろうか?」と、ふと疑問に思うことはありませんか?...

求人ジャーナルについて

求人ジャーナルは、群馬県高崎市に本社を置く昭和60年創業の会社です。毎週発行の新聞折込「求人ジャーナル」をはじめ、雑誌などでも多数の求人情報を提供しています。 また求人ジャーナルでは、求人情報誌「jo...

Iターン・Uターン就職・転職の相談センター情報西日本編

都会を離れて地方で働くことの魅力としてまずあげるのは、自然豊かな生活環境と時間的ゆとり。毎日の過酷な通勤地獄からの解放。プライベートの確保、。といったところでしょうか。ただし、地方での転職のチャンスは...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索