トップ > 転職活動の基礎 > 転職サイト情報を賢く活用する方法とは?

転職サイト情報を賢く活用する方法とは?

転職サイトを無料で賢く活用しよう!

転職サイトが無料で活用できることをご存知でしょうか?

転職サイトとは、人材紹介会社、人材バンク等が運営している転職情報サイトですが、
あなたがめでたく就職した企業・会社からマージンを受けとって運営しています。

ですから、転職希望者は無料で活用できると言うわけです。


転職サイト活用のメリットを整理してみました。

・複数の希望条件からマッチする求人情報を容易に見つけることができる
・企業への応募もオンラインで出来る
・各企業の細かい求人内容・会社案内をまとめて閲覧できる
・スカウトしてもらえる場合もある。(サイトによる)
・お知らせ機能やメールマガジン等で転職情報を送ってくれる

転職サイト活用のデメリットを整理してみました。

・案件が偏りがちである(サイトにより得意・不得意分野がある)
・予算のない会社等はこういうサイトには掲載されない
(希望者は自分で探す必要がある)


転職サイトを活用して最大の利点を感じるのは、求人検索機能です。

例えば、あなたが志望する求人企業サイトに、あなたの条件を入力します。

・職種は○○
・年収が○○万円以上
・勤務地は○○エリア

などと入力すると、条件にあったものだけの検索結果が出力されます。

転職サイトとして有名なサイトには、規模の大きい会社はほとんど登録していますので、
転職を希望する会社が規模の大きい会社の場合は、どの転職サイトを活用しても
たいてい見つけられます。

問題は中小規模の会社へ転職希望の場合です。
これは、上のデメリットのところでも書いたとおり、情報登録件数自体が比較的少ないからです。

こうした企業の場合では、ある一人材バンクにのみ登録していたり、もしくは専門性
の高い転職サイトに登録していたりとまちまちです。

では、こういう求人企業の情報をどう探し出すか?ですが、結論から言えば、
片っ端とは言いませんが、とりあえずなるべく多くの転職サイトに登録はしておくことです。

また、転職サイトを活用してみて、自分の気に入った案件が探し出せたサイトから
とことん使って行くことを最初はお勧めします。

就職・転職は人生の大事です。
より良い求人条件、求人情報を得るためにも、多くの転職サイトにまめに登録をしておきましょう。

大手だけとは言わず、専門分野に特化したサイトも漏らさず、登録しておきましょう。

比較検討できる情報が大いにこしたことはありませんし、職種・業界での求人要件や採用条件、
待遇水準などが明らかになります。

何ごとも先手先手で動いていくことが、望む結果につながりますね。
まずは情報戦で機先を制して、転職を成功させましょう。

この記事のカテゴリーは「転職活動の基礎」です。
転職する際にどうしても知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめています。
関連記事

適職検査の意味と大切さ

適職検査というのは、いろいろな角度から自己分析を行なうことによって、本人も気づいていないその人の本質を見いだし、職業を選ぶひとつの指標として役立てようというものです。適職検査は幅広い意味で使われること...

無料適職診断テストを受けてみましょう

適職診断テストを受けていますか?無料適職診断テストについて調べてみましたので、ごりようになったらいかがでしょう。 「この仕事は本当に自分に向いているのだろうか?」と、ふと疑問に思うことはありませんか?...

求人ジャーナルについて

求人ジャーナルは、群馬県高崎市に本社を置く昭和60年創業の会社です。毎週発行の新聞折込「求人ジャーナル」をはじめ、雑誌などでも多数の求人情報を提供しています。 また求人ジャーナルでは、求人情報誌「jo...

Iターン・Uターン就職・転職の相談センター情報西日本編

都会を離れて地方で働くことの魅力としてまずあげるのは、自然豊かな生活環境と時間的ゆとり。毎日の過酷な通勤地獄からの解放。プライベートの確保、。といったところでしょうか。ただし、地方での転職のチャンスは...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索