トップ > 転職活動の基礎 > 転職するなら35歳まで?

転職するなら35歳まで?

求人の年齢条件はほとんどが35歳までで、35歳を過ぎると極端に求人企業は少なくなり、職種も限られたものとなってしまいます。なので転職するなら35歳までに、いわゆる「転職35歳限界説」ですが、好景気を背景にした企業の業績回復により、最近になってその定説にも変化が起こってきているようです。

実際、2005年の終わり頃から現在まで、求人の数は伸びてきています。これまでの不景気の時代に大規模なリストラをした企業が再び人材の確保に入りだしたと言う背景があります。プラス昨今の景気回復で企業は体制強化と事業拡大方向に戦略を転換しているので、そのための人材確保をしています。

そして来るべき「団塊世代」の定年による一斉リタイア。これによって抜けてしまう人材と戦力をいまから埋め合わせることに集中し始めているのです。今年に入ってから、中高年の求人は増加してきています。ただし、経験やスキルのある中高年だからこそほしいという企業も増えてはいますが、まだまだ、まずは30代前半くらいまでの若い人を求めていル企業が多いのも事実です。

ところが、その若手補充が十分にできなかったために、年齢層を上げて募集枠を広げて良い人材を確保しておこうというケースも多いようです。全体的に求人数が増え、30代後半の求人も大きな伸びを示しているのです。特に自動車、半導体、電気、IT関係の求人は目立って増えています。

職種としては国内だけでなく海外取り引きの窓口になれるような外国相手の営業の需要が高まっています。自動車産業のほか、工作機械、電子半導体など、生産基盤を東南アジアや中国、タイなどに置く企業が増えているからです。

このような、日本と海外基地の接点に立ち、その間を取り持つ仕事は、ある程度の経験やキャリアが必要となってくるので中高年の経験者が求められるのです。より遣り甲斐のある、大きな仕事にチャレンジしたいと転職を考えている中高年には、今が大きなキャリアアップのチャンスです。

いかに自分の経験やキャリアが、どんな会社や職種で活かすことができるか、良く考えて、大きく羽ばたくための人生の転機にしませんか?

世の中の状況変化、トレンドの動きに敏感に応じて、不利と思われる状況でも好転できるようにチャンスを待ち構え、きたるべき日に、力を発揮できるよう、日頃から自分を磨いておきましょう。

この記事のカテゴリーは「転職活動の基礎」です。
転職する際にどうしても知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめています。
関連記事

適職検査の意味と大切さ

適職検査というのは、いろいろな角度から自己分析を行なうことによって、本人も気づいていないその人の本質を見いだし、職業を選ぶひとつの指標として役立てようというものです。適職検査は幅広い意味で使われること...

無料適職診断テストを受けてみましょう

適職診断テストを受けていますか?無料適職診断テストについて調べてみましたので、ごりようになったらいかがでしょう。 「この仕事は本当に自分に向いているのだろうか?」と、ふと疑問に思うことはありませんか?...

求人ジャーナルについて

求人ジャーナルは、群馬県高崎市に本社を置く昭和60年創業の会社です。毎週発行の新聞折込「求人ジャーナル」をはじめ、雑誌などでも多数の求人情報を提供しています。 また求人ジャーナルでは、求人情報誌「jo...

Iターン・Uターン就職・転職の相談センター情報西日本編

都会を離れて地方で働くことの魅力としてまずあげるのは、自然豊かな生活環境と時間的ゆとり。毎日の過酷な通勤地獄からの解放。プライベートの確保、。といったところでしょうか。ただし、地方での転職のチャンスは...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索