トップ > 転職活動の基礎 > 2007年は「売り手市場」、第二新卒が見直されている?

2007年は「売り手市場」、第二新卒が見直されている?

2007年は「売り手市場」、第二新卒が見直されている?

「第二新卒」とは、新卒入社3年以内の社会人のことを指します。

一般的には25歳までを指し、正社員または契約社員、派遣社員として働いた経験がある人のことです。

これまでは、「就職に失敗した人、我慢ができない人」とマイナスイメージで見られることも多かったのですが、近年では、社会人としての基本マナーを身につけていて、他社の企業風土に染まりきっていないなどの点を評価し、積極的に採用する企業が増えています。

社会人歴は3年以内で、経験はまだまだ浅いけれど、やる気は十分ある・・そのような若ものが、多くの企業から熱い視線を浴びて、その心意気を買おうとしているのです。

あなたは、このことに気付いていますか?

今の実力では、「いい転職」なんてできないだろう、などと、もし経験不足の理由から、20代のあなたがそんなふうに考えているのなら、大きな間違いです。

企業が第二新卒者に求めているのは経験ではなく、あなたのポテンシャル(潜在能力)なのです。

3年先、5年先に伸びる人材であるか、リーダーとして活躍できる資質があるかどうか、その潜在能力があるかどうかというほうが重要なのです。

業界の知識や実務経験などは、最低限のビジネスマナーさえわきまえていれば、後からいくらでもついてくるものす。高く評価されるのは、与えられた環境で頑張ろうとする意欲や熱意です。

景気回復や団塊世代の大量退職を控えて企業の人材需要が拡大しています。新卒だけでは若手社員の数を確保できない企業が、第二新卒の活用を本格化してきています。

この流れにのって、有利に転職を成功させたい第二新卒世代の活躍が待たれます。


人材サービス会社の大手「リクルート」や「パソナ」でも、第二新卒にターゲットを絞った転職支援を展開しています。

「リクナビNEXT第二新卒」という専用サイトを開設して、今までに無い詳しい会社情報:職場の雰囲気や若手社員の1日のスケジュールなどを提供して、ネット応募できるようになります。

また、社会人経験の少ない第二新卒世代対象に、基礎的なビジネスマナー講座の開催など企画されています。

2007年は1991年以来の「売り手市場」、このチャンスを見逃してはなりませんよ。

この記事のカテゴリーは「転職活動の基礎」です。
転職する際にどうしても知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめています。
関連記事

適職検査の意味と大切さ

適職検査というのは、いろいろな角度から自己分析を行なうことによって、本人も気づいていないその人の本質を見いだし、職業を選ぶひとつの指標として役立てようというものです。適職検査は幅広い意味で使われること...

無料適職診断テストを受けてみましょう

適職診断テストを受けていますか?無料適職診断テストについて調べてみましたので、ごりようになったらいかがでしょう。 「この仕事は本当に自分に向いているのだろうか?」と、ふと疑問に思うことはありませんか?...

求人ジャーナルについて

求人ジャーナルは、群馬県高崎市に本社を置く昭和60年創業の会社です。毎週発行の新聞折込「求人ジャーナル」をはじめ、雑誌などでも多数の求人情報を提供しています。 また求人ジャーナルでは、求人情報誌「jo...

Iターン・Uターン就職・転職の相談センター情報西日本編

都会を離れて地方で働くことの魅力としてまずあげるのは、自然豊かな生活環境と時間的ゆとり。毎日の過酷な通勤地獄からの解放。プライベートの確保、。といったところでしょうか。ただし、地方での転職のチャンスは...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「面接で転職・再就職は決まる」です。2008年09月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月29日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「シルバー人材センター」です。2007年12月21日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索